トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > H25年本公演 > アルト・小原伸枝|プロフィール

アルト・小原伸枝|プロフィール

小原伸枝/Nobue Obara アルト
小原伸枝125.jpg
 岩手県釜石市出身。盛岡市立山岸小学校、水沢市立水沢中学校卒業。岩手県立水沢高等学校在学中、阿部佳代氏の手ほどきを受け声楽を学び始める。また、ピアノを佐々木佐和子氏に師事。岩手大学教育学部及び東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程独唱科修了。声楽を、佐々木正利、伊藤亘行、伊原直子の各氏に師事。
 1991年、NHK洋楽オーディション合格。東京藝大在学中はバッハカンタータクラブに在籍し、小林道夫氏のもと研究、演奏を重ねる。1992~1994年バッハコレギウムジャパンに所属し、カンタータ連続演奏会などで多くのソロを歌う。1994~1995年ドイツに留学し、ヘルムート・クレッチマール氏に師事すると共に、多数の演奏会(バッハ・モンテヴェルディなど)においてソリストを務め称賛される。帰国後も全国各地に招かれソロ活動を行い、特にバッハの演奏で高い評価を得ている。
 現在は高知市に住み、1996年に立ち上げた“高知バッハカンタータフェライン”の活動を通して、地元にバッハの音楽を紹介し、その素晴らしさを浸透させるべく情熱を注いでいる。
 高知大学教育学部非常勤講師。アンサンブル《BWV2001》、コレギウムアルジェントゥム各メンバー。若草幼稚園、及び高知大学教育学部附属小学校お母さんコーラス指導者。