トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 1年前公開リハ >  アーチスト紹介

指揮者・西本智実/プロフィール

西本智実.jpg
 大阪音楽大学作曲学科作曲専攻卒業後、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院オペラ・シンフォニー指揮科に留学。
 文化庁芸術インターンシップ奨学金生、「出光音楽賞」など受賞多数。
 チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の芸術監督兼任首席指揮者(2004~2007)、ムソルグスキー=ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラバレエ劇場(旧レニングラード国立歌劇場)の首席客演指揮者(2004~2006)、ロシア国立交響楽団首席客演指揮者(2010~2011)などを歴任。
 その他にもモスクワ市立ロシアフィルなどへも客演するなどその地で外国人として異例のキャリアを積んでいった。
 「スプリット音楽祭」「ドゥブロヴニク音楽祭」「プラハプロムズ音楽祭」「ヴィリニュス音楽祭」などの音楽祭にも招聘されている。
 オーストリアのリンツ、ブルックナーハウスにおいてブルックナー管弦楽団定期演奏会での成功はヨーロッパでの活躍の第一歩となり、モナコにおいてのモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団との公演でも絶賛される。
 ブダペストフィルのシーズン最初の定期公演や、ルーマニア国立ジョルジュエネスコフィル、リトアニア室内管弦楽団、リトアニア国立交響楽団、英国ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ラトビア国立交響楽団、ベラルーシ国立交響楽団など次々と成功し活動範囲を広げている。
 2010年にはカーネギーホールにてアメリカンシンフォニーオーケストラを指揮して大成功をおさめ、2011年にはウェストチェスター交響楽団定期演奏会に招聘されるなどアメリカへも進出。
 オペラ指揮者としても評価が高く、ハンガリー国立歌劇場、プラハ国立歌劇場、ウクライナ国立オデッサ歌劇場との共演でも成功をおさめている。
 国内においても主要オーケストラに度々客演している。また、2011年にはオリンパスホール八王子エグゼクティブプロデューサーに就任。
 2007年よりダボス会議を主催する世界経済フォーラムのヤング・グローバルリーダーを務めており、その動向は世界から注目を集めている。

このページのトップへ↑

西本智実さん直筆メッセージ

さくらホールの第九のために、西本智美さんから自筆のメッセージをいただきました。
西本さんコメント.jpg

このページのトップへ↑

ソリスト~いわてゆかりのアーティスト

ソプラノ
高橋織子.jpg
高橋織子 Oriko Takahashi
 
盛岡市出身。国立音楽大学卒業、同大学院修了。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第19期研究生修了。藤原歌劇団準団員。中村卓朗、曽我榮子、小泉恵子の各氏に師事。ウィーンにてO.W.コロ氏のもとで研鑽を積む。第19回日本声楽コンクール第1位、東京都知事賞受賞。2005年国際ベルヴェデーレハンスガボアオペラオペレッタコンクール日本予選通過ウィーン本選出場、盛岡市民賞受賞。第11回、第12回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞。第14回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位。第10回多摩フレッシュ音楽コンクール第2位。オペラでは「ポッペアの戴冠」ポッペア役、オッターヴィア役、「カルメン」ミカエラ役、「コシファントゥッテ」フィオルディリージ役、「トスカ」牧童役、「サンドリヨン」シャルマン王子役、「ミスターシンデレラ」美穂子役、「ひかりのゆりかご」高倉静役等に出演。05年、08年ジョイントリサイタル開催。その他、演奏会形式「盗賊の城」のアデライデ、ベートーベン「第九」モーツアルト、フォーレ、ラターの「レイクエム」、ブラームス「ドイツレイクエム」等、多くの宗教曲ソリストとして各種コンサートに出演。また、「大乱闘スマッシュブラザーズX」のメインテーマを担当するなど活動は多岐にわたっている。 
 
アルト
谷地畝晶子.jpg
谷地畝晶子 Shoko Yachiune
 
岩手大学教育学部芸術文化課程音楽コース卒業。東京芸術大学大学院音楽研究科独唱科修了。現在同大学院博士後期課程に在学中。第16回日仏声楽コンクール第1位。第57回芸大メサイア、第28回台東区第九、第349回芸大合唱定期ベートーベン「ミサ・ソレムニス」のアルトソロ、第54回芸大定期オペラ「ファルスタッフ」クイックリー夫人、を務める。また、J.Sバッハ「クリスマスオラトリオ」、ヘンデル「メサイア」、、モーツアルト「レイクエム」、ベートーベン「第九」、メンデルスゾーン「バウロ」「エリヤ」等においてアルトソリストで出演している。声楽を佐々木まり子、佐々木正利、磯貝静江、朝倉蒼生、伊藤直子の各氏に師事。 
 
 
テノール
菊池大翼.jpg
菊池大翼 Daisuke Kikuchi
 
岩手県立黒沢尻北高等学校卒業。武蔵野音楽大学卒業。同大学院修士課程(音楽学専攻)修了。音楽学での声楽史研究と並行して、カウンターテナーとしての演奏活動を続ける傍ら、バリトンで日本オペラ振興会オペラ歌手育成部に入所。のちにテノールに転向し修了。バリトン、テノール、カウンターテナーを一人で歌うソロリサイタルを開催する他、多くの演奏会やオペラに出演。オペラではモーツアルト作曲「フィガロの結婚」、ドン・ジョヴァンニ」、チマローザ作曲「秘密の結婚」、ロッシーニ作曲「ランスへの旅」、ドニゼッティ作曲「ランメルモールのルチア」、ヴェルディ作曲「椿姫」チレーア作曲「アドリアーナ・ルクヴルール」リゲティ作曲「ル・グラン・マカーブル」(日本初演)にキャストで出演。マウロ・アウグスティーニ、ヴィンチェンツォ・ベッロ、藤田昌克に師事。専修大学グリークラブ・ヴォイストレーナー。町田シティオペラ協会ソリスト会員。藤原歌劇準団員。 
 
バス
宮本哲朗.jpg
宮本哲朗 Tetsuro Miyamoto
 
宇都宮市出身。栃木県立宇都宮東高等学校第1回卒業。国立音楽大学声楽科卒業、同オペラ研究科修了。卒業時選ばれて第40回読売新人演奏会に出演し声楽界にデビュー。オペラでは「魔笛」のババゲーノ役でデビュー。その後「フィガロの結婚」のフィガロ、「ドン・ジョヴァンニ」のレポレッロ等モーツアルトの作品を中心にバロックから現代作品、邦人作品まで幅広いジャンルのオペラに出演しておりそのレパートリーは50を超える。1982年にはイスラエルのエルサレムとティルアビブでの公演で間宮芳生作曲「人買太郎兵衛」の太郎兵衛役を演じ、当地で話題を呼んだ。また、2002年には韓国のソウルで開催された国際室内オペラフェスティバルに「奥様女中」のウベルト役で出演し好評を得た。昨年7月にも同フェスティバルに演出および歌手として招かれ訪韓した。2007年には新国立劇場にて上演された別宮貞夫の新作オペラ「井筒の女」に絵師役で出演。日本歌曲の分野でも目覚ましい活動をしており、多数の新作初演を手掛けている。1994年2000年と日本歌曲によるリサイタルを行い、各音楽誌で高い評価を得た。本県でも2000年、栃木県総合文化センターサブホールにてリサイタルを開催した。また、その豊富な舞台経験を生かし、オペラの演出家としても多くの作品を手掛けている。特に本県を始め神奈川県、岩手県、徳島など地方でのオペラ活動においての一翼を担い、その育成に尽力」している。栃木県オペラ協会によって〇〇年7月に上演された「フィガロの結婚」においても美術及び演出を担当。更に〇〇年12月13日に上演予定の創作オペラ「小山物語」の演出も担当している。萩野久一、故内田るり子、原田茂生の諸氏に師事。現在東京二期会会員、同日本歌曲研究会役員。

このページのトップへ↑