トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > 実施内容 >  大名行列

大名行列の「姫」「腰元」が決定しました

口内大名行列を彩る「姫」と「腰元」が選考の結果以下の方々に決定しました。

 

◆姫

  ・石川 叶夢  さん  (一関市)  

◆腰元

  ・ 小原 有貴  さん  (北上市)

  ・和田 真樹子 さん  (北上市)

  ・藤原 淳子  さん  (花巻市)

  ・石川 厚子  さん  (一関市)

 

この5名が大名行列に華を添えてくれます。みなさん、まつり当日は「姫」「腰元」を見に会場まで ぜひ足をお運びください。

このページのトップへ↑

大名行列の殿様役がIBC岩手放送の「菊池幸見」さんに決定!

 

殿様役(菊池幸見様)1.JPG

 第12回浮牛城まつりのメインイベント「大名行列」の殿様役が、IBC岩手放送のアナウンサーとして活躍されている

菊池幸見さんに決定しました!
8月16日は幸見さんのお殿様姿を見にぜひ会場へ足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 菊池幸見さんプロフィール 
 
1960年生まれ。岩手県遠野市出身。法政大学法学部卒。
1983年、IBC岩手放送入社。スポーツ中継やラジオのDJ、TBS全国放送のレポーター、ローカルワイド番組のキャスター等を経て、現在はラジオ「朝からRADIO」「遠野物語異聞」「JAほっと通信」等を担当。テレビは「じゃじゃじゃTV」のメインキャスターと「わが町バンザイ」を担当。 JNN・JRNアノンシスト優秀賞、JRN明日のふるさと大賞グランプリ等受賞歴多数。
アナウンサーの傍ら執筆活動にも励み、エッセイ「僕が出来る恩返し」がPHP賞を受賞、中学校道徳教科書に掲載される。アウトドア雑誌やタウン誌などにエッセイを連載。
2001年、小説「黄金熊の里」で黄金短編小説賞を受賞。
2003年9月、長編小説「泳げ、唐獅子牡丹」(祥伝社)で文壇デビュー。続編は「翔けろ、唐獅子牡丹」
2006年8月、CD「岩手弁 方言詩の世界」シリーズ三枚を徳間ジャパンよりリリース。現在までに計11枚リリース。
2009年に「岩手弁かるた」を制作。2010年「岩手弁かるた 2011」制作。
2011年8月、東日本大震災支援岩手県在住作家自選短編集「12の贈り物」に作品提供。
2014年10月「走れ、健次郎」(祥伝社) 2015年6月「岩手共和国のオキテ100カ条」(メイツ出版)
2015年10月「あの日から~東日本大震災鎮魂岩手県出身作家短編集」に作品収録(岩手日報社)
アナウンサー、エッセイスト、小説家、コピーライター、方言詩人でもある。 趣味は釣りとガーデニング。(日本文藝家協会会員)
 

このページのトップへ↑

大名行列運行コースについて

  大名行列は午前11時に口内地区交流センターを出発し、下地図緑線のコースで浮牛城址を目指します。地図を拡大すると、おすすめポイントが表示されます。
 

 


より大きな地図で 大名行列運行区間 を表示

このページのトップへ↑

口内大名行列について

 

行列.jpg

 伊達一族の重臣であった中嶋監物利成は小野田(宮城県)から元禄8年に伊達藩の要害であった浮牛城へ道中御行列を組み着任されました。 その後も領主が仙台を上下向する際に行列を組んで往来していました。

 口内大名行列は、慶応2年に仙台詰めの領主が領内視察のために口内入りをした際の様子を再現したものです。

 

 

このページのトップへ↑