トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > ナネア便り > 茗荷の葉のレイ 2010.8.22

茗荷の葉のレイ 2010.8.22

 お盆を過ぎても猛暑のこの夏ですが、夏油高原はススキの穂が出てもう秋の気配の日曜日。ある団体のイベントのアトラクションを頼まれ、大勢で出かけました。
 この様なイベントではアウアナ(現代フラ)が殆んどですが、今回はカヒコ(古典フラ)を見たいとのリクエストがありました。出来るだけきちんとした形で見て頂きたい!となると、やはりフレッシュなグリーンのレイを!となります。
 いつもは八丈島からティーリーフを取り寄せますが、我が家の茗荷の葉を見て、「使ってみようよ!」とIさん。茗荷は魔よけになると言われてますし抗菌作用もあり、ティーリーフに似ています。試しに作ったら一人分が30枚、全員分だと約900枚ですが、「家にいっぱいあるからみんなの分を採ってあげるよ!」とKさん、ありがたいです。
 
 採った葉を洗剤で洗って、更に水洗いの作業。とてもフラダンサーの様には見えませんが・・・・・。
 茗荷の葉ー2.jpg
 
 翌日都合の良いメンバーが集まってレイ作り。ティーリーフより柔らかく香りも良く、ワイワイと楽しい作業でした。30枚づつまとめてくれたKさん、Mさんありがとう!
 
レイ製作ー2.jpg
 
 そして更に翌日、スキー場のフードコートのステージでの本番には仙台から山下先生が来て下さり、こころ強い限りです。音響のアクシデントがあり、最後までハラハラドキドキでしたが何とかなりました。お客様に楽しんでいただき、私達も楽しく笑顔でフレッシュレイに守られて踊る事が出来ました。自然豊かな土地に暮らしているという事は、ナネアのフラを踊るのにこの上ない強みかも?
 岩手の自然の中にもラカのような森の精がいる気配を感じることがあるのは、私だけではないですよね?
 
レイアップ.jpg

イリマカヒコ集合.jpg