トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > お知らせ・報告 >  あれこれ(平成25年度)

参加者の声

2014年1月20日
本番まで約1カ月となりました。やるべきことはまだまだあります。コツコツ少しずつ前に進んでいる市民劇場参加者の声を聞いてみましょう。まずは役者の声を。
 
いせたけみ【もくされ爺】 参加者の声:いせたけみ.jpg
 
今年初めて『北上市民劇場』に参加させていただきます、いせたけみでし。ミュージカル風といふことで、歌・ダンスありぃなんて超ハードです。ですが、お客様の笑顔を勝ち取るべく誠心誠意がんばります。多くの方々にこの舞台を見ていただいて、色々感じていただければ嬉しいです。キャスト&スタッフみんなで待ってま~す。
 
 
 
 
長屋あゆみ【たけ婆】 参加者の声:長屋あゆみ.jpg
 
生活に張りがない…と市民劇場に2年ぶりに復活の私。演じる「たけ婆」は最初、意地悪婆さんなんだと思っていました。でも、稽古を重ねる内そうではないと気づき、生きるとは・幸せとは…自身を見つめ直す機会を得ました。対する「さと婆」との生活観や幸福論の違いが観客の皆様にはどのように映るのか、今から楽しみです!
 
 
 
 
司東愛加【コロス兼村人】 参加者の声:司東愛加.jpg
 
私は黒北高3年生で、4月からは音大のミュージカル科に進むことが決まっています。今回の市民劇場はミュージカル風という事を知り、すぐに参加を決めました。初参加にもかかわらず、ソロ歌唱のある役を与えられて舞台に立てることに感謝しています。ダンス・歌唱の先生方やスタッフの皆様、有難うございます!頑張ります!
 
 
 
 
松田真学【犬のゴン(黒子)】 参加者の声:松田真学(仮).jpg
 
就職してから「演劇」は観る専門だったのですが、機会を得て市民劇場に初参加です。学生演劇とは違って幅広い年代が集まる現場はとても新鮮で楽しいものです。難点はこの舞台、歌あり踊りありで特にダンス練習では筋肉痛との戦いです(笑)。とは言え、いらっしゃるお客様に楽しんで頂けるよう一生懸命頑張っていきたいです。
 

 

舞台に上がる役者だけではなく、見えない舞台裏でスタッフとして仕事をする参加者の支えがあっての市民劇場です。ここからはスタッフの声も聞いてみましょう。
 
伊藤勝博【舞台装置】 参加者の声:伊藤勝博.jpg
 
舞台装置担当としてかかわり今年で5年目となります。市民劇場の時期は、脚本を読み舞台プランを見ながら自分なりに制作方法を考えるのが実に楽しい。今年の舞台装置は簡素に見えるかもしれないが、役者の歌と踊りにご注目です。その為に裏方も力を注ぎました。終演後の達成感に満ちたみんなの笑顔が素晴らしいんですよ!!
 
 
 
 
石田貴裕【美術・ポスター】 参加者の声:石田貴裕.jpg
 
去年につづき2回目の参加で、舞台美術とポスターデザインを担当しました。今回の市民劇場は音楽や舞踏といった分野がポイントになる一方、象徴的な美術表現や、その根底にある物語の泥臭さが魅力的な作品だと思います。現実に無いものを体現した舞台は数あれど、この『がんとり』は一味違う雰囲気を持っています!
 
 
 
 
林 淳一【音響】 参加者の声:林淳一.jpg
 
演劇に触れる機会がなかった私が初めて市民劇場に参加している。お話を作ることに興味があったのと、演じる役者の皆さんはどういう人たちなのか?を知りたくて参加を決めた。それから幾つか舞台を観に行ったりもした。これも何かの縁だ。今回は音響担当だが、いつかは自分の書いた作品が舞台に乗るのを観てみたいと思う。
 
 
 

このページのトップへ↑

PRキャラバン隊がゆく!

2014年1月17日
1月17日(金)、プロモーションとしてPRキャラバン隊を組み、市役所本庁舎・江釣子庁舎・和賀庁舎をまわって「第37回北上市民劇場」のPRとチケットの手売り活動を行って来ました。 
 
キャラバン隊2014_1.JPG
まずは及川義明副市長にご挨拶。
お忙しい合間にお時間を取っていただきまして、ありがとうございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
キャラバン隊2014_2.JPG
 
 
各フロアではカウンター越しに口上を述べたあと、職員の皆さんの席をまわってチラシを配り歩きながらPR。
お仕事の手を止め耳を傾け、チケットをお買い上げいただきました市役所の皆様、ありがとうございます!
 
 
 
 
 
 
 
 
キャラバン隊2014_3.JPG
役者やスタッフなど市民劇場参加者有志で組むPRキャラバン隊も「市民劇場」ならではです。ひとりでも多くの皆様に観ていただくための苦労が、作品創りの熱情につながっていくと思うからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
本番までの期間、テレビやラジオにもどんどん出演してPRして行きますよ~!見かけたら気軽に声を掛けてください。

このページのトップへ↑

ダンスの練習も始まりました!

2013年12月21日
11月20日(金)にダンスの練習をしました!市民劇場でダンスの練習とは!?
第37回北上市民劇場「昔話による喜劇 がんとり」では歌って・踊っての場面をたくさん作ります。つまりちょっとしたミュージカル要素を取り入れて、新たなチャレンジをするのです!すると必然的に「歌」「踊り」の練習が必要なんですね。
ご指導いただくのは、さくらホールでダンス教室を開いている「3A COMPANY」のインストラクターayaさん、satoeさん、MAKOTOさんです。
 
ダンス練習1_2013_12_20.jpg
まずは全員で身体を動かすことを楽しもうと、役者・スタッフ関係なく参加しました。
小学生から60代、初心者・経験者・・・ゴチャ混ぜです! 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダンス練習2_2013_12_20.jpg
部屋の外からガラス越しに見ると「めっちゃ盛り上がってるけどコレ、なんの集団!?」って感じですが・・・
市民劇場です! (`・ω・´)
 
 
 
 
 
 
ダンス練習3_2013_12_20.jpg
 
「ハイ次、右にホイホイホイッ!」
aya先生にもお褒めいただく上達ぶり?
ホメられて伸びるんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インストラクターのみなさん、本番までご指導よろしくお願いします。
3A COMPANY代表・斉藤麻央さんのブログでも、ご紹介いただきました・・・こちら
年明けからはダンスに加えて「歌」の練習も始めます。
どんなお芝居になりますか、どうぞお楽しみに!

このページのトップへ↑

第37回 北上市民劇場、チケット発売!

2013年12月15日
第37回北上市民劇場
昔話による喜劇 がんとり
第37回ポスター・チラシ.jpg
 
さくらホール 中ホール
平成26年2月22日(土) 開場 17:30 
平成26年2月22日(土) 開演 18:00 
平成26年2月23日(日) 開場 13:30
平成26年2月23日(日) 開演 14:00
 
前売券1,000円(当日券1,200円)
小学生以下無料・全席自由
 
12月20日 発売!
お求めはさくらホール及び各プレイガイドまで
 
さくらホール TEL:0197-61-3500
さくらホール ホームページはコチラ 
プレイガイド
【北上】江釣子SCパル、さくら野百貨店
【花巻】なはんプラザ
【奥州】奥州市文化会館Zホール
 
 

このページのトップへ↑

さくらホール10周年イベントにて

2013年12月2日
11月30日(土)・12月1日(日)の両日、さくらホールでは開館10周年の記念イベント「さくらホールフェスタありがとうの2days」が行われました。楽しい発表やブースがいろいろあって、たくさんのお客様でにぎわっていました。そこににぎわいがあるなら、宣伝に行かなくちゃ!
 
プロモーション2013_12_1_1.jpg
という訳で12月1日、中ホールステップホワイエで行われていたイルミネーションライブの転換の時間をいただき、「第37回北上市民劇場」の宣伝をして来ました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはメインエントランスの特設ステージにて。
今回のお芝居のなかの歌を朗読しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さくらホール10周年おめでとうございます!
そして37歳になる北上市民劇場もよろしくお願いします!

このページのトップへ↑

第37回 北上市民劇場、特大ポスター出現!

2013年11月26日
さくらホール館内に特大のポスターが出現しました。
シンプルにタイトル が ん と り ド・ドーン!

特大ポスター_2013_11_28_1.jpg
中ホールホワイエに現れた特大ポスターは、ご覧の通りのインパクトです。あえて少ない情報で「がんとりって何?」と興味を引こうと言う作戦です。評判は上々。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特大ポスター_2013_11_28_2.jpg
 
 
日が落ちると照明の中に浮かび上がるその文字は、屋外からもバッチリ!なんだか解らないから一層目を引きます。 
とは言っても芝居の中身が気になりますよね。あらすじをちょっと、ご紹介します。
【あらすじ】 
昔むかし、確かにどこかにあるはずの欲たがれ村の物語。屋号上流れのまめ爺とさと婆が居たっけずおん。ある日、魚捕りに出かけたまめ爺は、川を流れてきた仔犬を拾いゴンと名付けて大事に育てます。大きく成長したゴンを連れて猟に出ると、熊のししや猪のししを捕らえる大活躍。二人はしし汁にありつきます。
それを嗅ぎ付けた屋号下流れのもくされ爺とたけ婆は、ゴンを無理やり借りて山へ行きます。しかし猟は上手くいかず、ひどい目に会います。腹を立てたもくされ爺は・・・。
「花咲爺」でおなじみのストーリーはやがてあらぬ展開に・・・。
 
さてさて、結末は観てのお楽しみ。是非、会場へいらしてください。
チケット情報は後日公開いたします。

このページのトップへ↑

平成25年度 稽古日程を公開しました

2013年11月16日
平成25年度 北上市民劇場の稽古日程表です。
参加者のみなさん、参考にしてください。
 

このページのトップへ↑

おはなし書くべぇ、終了!

2013年10月30日
7月に始まりました「寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ」は10月29日(火)の第13回をもちまして予定のカリキュラムをすべて終了しました。
「ラジオドラマの脚本を書いてみる」という主旨のワークショップに集まった参加者は、ほぼ未経験者でした。もちろん初心者大歓迎ではじめた訳ですが、やはり「自分でお話を創って書く」というのは大変な作業だろうなぁと心配もありました。
ところが参加者のみなさんの取り組む熱意はすごかった。
 
最終的に10作品が完成され、小冊子にまとめることが出来ました。
「これで終わるのは残念!」「実際に録音して聴いてみたい!」という声がたくさん上がりましたので、この熱が冷めないうちに実現できれば良いなぁと思います。まずは3ヶ月間、みなさんお疲れ様でした!

このページのトップへ↑

第37回 北上市民劇場、初顔合せのご案内

2013年10月25日
第37回北上市民劇場の『初顔合せ』を行います。
いよいよ今年の市民劇場、スタートです!みんな集まれ~!
□日 程:平成25年11月16日(土)
□時 間:19時~21時
□場 所:さくらホール 多目的室1・2
□内 容:第37回北上市民劇場の脚本・稽古日程・担当者発表など
□交流会:初顔合せのあと行います。参加費(大人/1,000円 高校生以下/500円)
 
市民劇場に参加希望の方には「北上市民劇メンバー」の登録申込書に記入していただきます。
※北上市民劇メンバーとは?→コチラ
 
■問い合せ先■
北上市民劇場を盛り上げる会やっぺし事務局 (090-8617-5346)

このページのトップへ↑

第37回 北上市民劇場 参加者大募集!

2013年9月1日
来年2月公演予定の北上市民劇場を一緒に創りませんか?
キャスト・スタッフを大募集します。
「自分に何が出来るかな?」と迷っているあなた!
参加してから考えましょう。
きっとあなたにぴったりの役割りがあるはずです!
 
第37回 北上市民劇場
□年齢不問・参加無料
□公演期日 平成26年2月22日(土)18:00開演、23日(日)14:00開演
□活動期間 初顔合せ(平成25年11月16日)から 公演終了(平成26年2月23日)まで
□活動時間 平日19~21時、土日13~16時
□活動場所 さくらホール(会議室、大アトリエ、他)
□活動内容 北上市民劇場にかかわる諸々の活動
 (稽古、道具・衣装等製作や打合せ、広報活動、協賛集め、チケット委託販売 etc.)
□初顔合せ 平成25年11月16日 19時~ さくらホール多目的室1・2
□反 省 会 3月下旬を予定 
 
■問い合せ・申込み先■
北上市民劇場を盛り上げる会やっぺし事務局 (090-8617-5346)
 
参加申込みをする場合「北上市民劇メンバー」に同時登録となります。
お申込み→申込受付は終了しました。
 
※北上市民劇メンバーとは?→コチラ

このページのトップへ↑

寺子屋 演っぺし~おはなし書くべぇ、第1回報告!

2013年7月2日
全体(200×150).jpg7月2日(火)「寺子屋 演っぺし~おはなし書くべぇ」第1回目となる今回は9名の参加者がありました。
 
今年度の「寺子屋 演っぺし」は副題を「おはなし書くべぇ」として 昨年度の「脚本づくり→演技稽古→発表」という総合的な内容から一転「脚本づくり」に集中します。
目指すは「ラジオドラマ」の脚本です。
 
講師は昨年度に引き続き「岩手県高等学校演劇協議会顧問」でもあります横澤信夫先生です。
まずは舞台演劇とラジオドラマとの相違点を考えるところから始まりました。次々に挙がる参加者の意見をまとめると、ラジオドラマには視覚情報がないのが最も大きな点となりました。
舞台演劇の「目で見て→耳で聞いて→心で感じる」の「目で見て」の要素がごっそり抜けちゃう訳です。逆に自由になることもある訳で「セット転換」を考慮せずに「時間・場所の設定が自由自在」などはとても大きな魅力だと感じました。 
 
カット版(200×154).jpg
次に、先生の作品である放送劇「あの日、あの時」などを実際に聴いて、感想を述べ合いました。先に舞台演劇とラジオドラマの相違点を確認しているので、出て来る意見はみんな的確でした。さすが!
そしていよいよ「書くべぇ」です。と言ってもいきなり書けませんから、絵本「わらしべ長者」を基にラジオドラマを意識して原稿用紙に各自書いてみました。ん~筆がピタッと止まってしまう姿もチラホラ。大丈夫!これからです!!
 
高校1年生から50代までという幅広い年齢層の参加者が、これからじっくり時間をかけて自分の作品を作り上げていきます。若い感性から刺激を受けたり人生の先輩から心の機微を教わったり、そんな交流がお互いの作品に反映されたら嬉しく思います。みんな、頑張ろう!
 
今からでも参加してみたい!という方、大歓迎です。一緒に「書くべぇ」しませんか?
 
参加申込みをする場合「北上市民劇メンバー」に同時登録となります。
お申込み→申込受付は終了しました。
 
※北上市民劇メンバーとは?→コチラ

このページのトップへ↑

寺子屋演っぺし、再始動!

2013年6月3日
ワークショップ「寺子屋演っぺし」は、装いも新たに再始動です。
昨年度の「脚本づくり→演技稽古→発表」という総合的な内容から、「脚本づくり」の1点に集中します。目指すは「ラジオドラマ」!!参加者大募集中です!
 
おはなし書くべぇ_ロゴ.jpg
『あなたの作品がラジオドラマに!?』
初心者にもやさしいカリキュラムを用意しました。
ラジオドラマの脚本制作にチャレンジしてみませんか?
 
参加資格:高校生以上ならどなたでも
参加費:1,200円(全13回分)
講  師:横澤信夫  (助手:鵜目 陽)
期  間:7月2日から10月29日まで(全13回)
時  間:19:00~21:00(2時間)
場  所:さくらホール オープンルーム
     *筆記用具・ノートを準備してお集まりください 
 
このワークショップは、様々ある脚本の形態のひとつ「ラジオドラマ」を題材とし、脚本の書き方を学び・実践するものです。初心者にもわかりやすく基礎を学んだ後、各自で考えたおはなしを「ラジオドラマ」になるように書いてみます。講師のアドバイスや参加者同士の意見交換などを繰り返しながら、最終的に作品を仕上げます。
完成した作品の中から選ばれますと、来年度以降のやっぺし企画「放送劇」の脚本原案として発表のチャンスもあります。発表を目標にメッセージを込めた「作品」を書くも良し、いつも何気なく感じているテーマを「おはなし仕立て」で楽しく書くも良し。あなたのスタイルでちょっとチャレンジしてみましょう。
 
■カリキュラム
07月02日 第1回「ステージ演劇と放送劇の違い」    
07月09日 第2回「素材の検討とストーリー展開」    
07月16日 第3回「素材についてのまとめ・決定」    
07月23日 第4回「展開・構成・場割りの学習」     
07月30日 第5回「場割りから放送劇の形へ」      
08月06日 第6回「各場の起承転結とハコ書き」     
08月20日 第7回「読み合わせで気づくこと」
08月27日 第8回「BGMの効果」                
09月03日 第9回「構成・構造・セリフの点検」
09月17日 第10回「未定」
10月01日 第11回「未定」
10月15日 第12回「未定」  
10月29日 第13回「まとめ」  
*各回の内容は予定です。 
*第10回以降は各自の進行状況をみながら内容を考えます。   
 
 
参加申込みをする場合「北上市民劇メンバー」に同時登録となります。
お申込み→申込受付は終了しました。
 
※北上市民劇メンバーとは?→コチラ

このページのトップへ↑

げきメン・・・って?

 2013年6月2日
あなたも『げきメン』になって一緒に楽しくやっぺし!!
 
Q1.『げきメン』って何?
A1.『北上市民劇メンバー』を略して『げきメン』なのです。
A1.メンバーにはやっぺしからの情報をお届けします。
 
Q2.『げきメン』ってどんな人たち?
A2.北上市民劇場やワークショップなどに参加する人はみ~んな『げきメン』です。
 
Q3.『げきメン』の申込みはどうすればいいの?
A3.『北上市民劇メンバー登録申込書』の参加希望企画に○印をつけて事務局へ。
A3.HPのフォームからもお申込みできます。 
 
Q4.『げきメン』って会費とかあるの?
A4.いいえ、会費はありません。
A4.ただし、あなたが参加する企画によっては参加費が必要なものがあります。
 
平成25年度から、やっぺしの企画・運営する北上市民劇場やワークショップに参加された方々を「北上市民劇メンバー」として登録することにしました。「北上市民劇メンバー登録申込書」あるいはHPの申込みフォームから北上市民劇場やワークショップに参加申込みされますとメンバー登録されます。この登録期間に期限はありませんので、来年度以降もメンバーには市民劇場やワークショップにかかわる情報をメールなどで随時お知らせします。
※お申し出があった場合は登録を取消します。
 
お申込み→北上市民劇メンバー登録申込フォーム(平成26年度版)

 

このページのトップへ↑

平成25年度の活動スタートです!

 2013年6月2日
 6月2日、平成25年度の企画説明会「よ~い、ドン!」を行って今年度のスタートを切りました。
企画説明会(2013_6_2).JPG
 
「今年はどんなことするの?」と楽しみに会場に集まってくださいました皆さまに、年間スケジュールと企画内容を説明しました。市民劇場はもちろん、楽しいワークショップの計画の説明に早速、参加申込みをしていただく方もありました。
冬の市民劇場シーズンに向けて「演劇」のいろんな形に触れながらの助走を一緒に走ってみませんか?
  
今年の企画はおおきく次のみっつです。
1. 第37回 北上市民劇場
2. わいわい演っぺし~えんげき倶楽部
3. 寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ
 
いずれに参加する場合も「北上市民劇メンバー」に同時登録となります。 
すべてのお申込は→申込受付は終了しました。
 
※北上市民劇メンバーとは?→コチラ

このページのトップへ↑