トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > お知らせ・報告 >  あれこれ(平成27年度)

第39回公演終了のご報告と感謝の言葉

 2016年2月23日
2月20日・21日、多くの皆様から多大なるご支援・ご声援をいただき、第39回北上市民劇場「笹リンドウを掲げよ」が無事終幕致しました。
この度ご協力いただいた北上鬼剣舞連合会様、岩手県立北上翔南高等学校演劇部様、を始めとする全ての皆様、そして何よりご来場してくださったお客様一人一人に感謝申し上げます。大変にありがとうございました。
また、第39回が終わると同時に、第40回に向けて我々は走り出します。
節目の年となる第40回・・・また多くの皆様にご協力を仰ぎながら、北上の歴史や文化に寄り添い、皆様の心に残るような素晴らしい舞台が作れるよう尽力させていただく次第です。
来年度もどうぞ、北上市民劇場を宜しくお願い致します。
第39回北上市民劇場 集合写真 余白カット.jpg 第39回北上市民劇場 軌跡イメージ.jpg

このページのトップへ↑

5きげんテレビPR隊!

 2016年2月11日
2月11日(木)。
北上市民劇場PR隊として有志を募り、テレビ岩手の5きげんテレビに生出演させていただきました!
ごきげんテレビ1.jpg ごきげんテレビ2.jpg ごきげんテレビ3.jpg
この日は祝日という事もあり、未来を担う若き俳優・女優に出演してもらいました!
数十秒の出演でしたが、県内の皆様に元気いっぱいPRさせていただきました!
本番ではたくさんのお客様がご来場なさる事を願っております。
そして何より、皆様が笑顔でお帰りになられるような、そんな舞台に出来るよう、キャスト・スタッフ一同、精一杯努めて参ります。
2月20日・21日はさくらホールでお待ちしてます!

このページのトップへ↑

参加者の声 その2

2016年2月10日
いよいよ本番まで十日!物語の中で重要な役割を担う和賀家の家臣・鬼柳弥十郎(おにやなぎやじゅうろう)と、弥十郎とは恋仲!?和賀家のお姫様・矢代姫(やしろひめ)を演じるお二人に意気込みを訊いてみました!
 
松本航輝【鬼柳弥十郎】 参加者の声:高橋哲郎.jpg
 
北上市民劇場は、初めての参加になります。これまでも、様々な演劇をさせていただいていますが、北上市民劇場の参加者の熱意に練習の度に驚かされています。
そんな熱のこもった舞台に立たせていただけるのは、本当に光栄です。たくさん練習して、たくさん学んで、当日は完璧な弥十郎を演じたいです!
 
  
 
 
 
高橋琴音【矢代姫】 参加者の声:長屋凜.jpg
 
私は演劇をやるのは初めてで、矢代姫という大事な役を頂くことができて嬉しいです。どうしたら気持ちが伝わるのかとか、こんな時姫はどうしたいのか考えて動くのがとても難しいですが、北上市民劇場の皆さんがアドバイスを下さったり、素晴らしい舞台を用意して下さったので、役になりきって精一杯演じたいと思います。
そして、弥十郎との恋も頑張るので是非観に来て下さい!
 

このページのトップへ↑

舞台模型!

 2016年2月8日
普段はあまり見せない舞台模型を特別に公開します! 大道具さん渾身の一作です!
舞台模型図1.jpg 
一番上の土台は約2m!階段で人の昇り降りも出来ます。真ん中の門も通れちゃいます。 
他にも様々な仕掛けがあり、それは・・・本番をお楽しみに!  
果たして、この舞台でどんなドラマが繰り広げられるのか!?
もちろん、本番の舞台ではさらに迫力満点です!ご来場お待ちしてます。

 

このページのトップへ↑

親子でPR!!

 2016年2月6
2月5日。
北上市民劇場PRのため、FM岩手「スタジオさくらーと」に出演しました。

1454682756613.jpg

今回は、和賀家18代目当主・「和賀義忠(わがよしただ)」役の高橋哲郎さんと、その娘・「矢代姫(やしろひめ)」役の高橋琴音さんが出演しました。さらに、今回の市民劇場のテーマ曲を作ってくださった高橋友行さんも特別出演。実は、矢代姫役の琴音さんとはこちらが本当の親子だったりします。いろいろな意味で、夢の親子共演となりました。
1454682756793.jpg
 
矢「初めての舞台なので緊張します・・・」
パ「何かアドバイスは?」 
義「とにかく楽しんでもらえれば♪」
さくら―と 記念写真.jpg

 

 

 

本番まで残り二週間!和やかなムードの中、着実に稽古は進んでいます。

2月20日・21日は、さくらホールでお待ちしてます!

このページのトップへ↑

ラジオ出演情報

 2016年2月4日
2月5日(金)19:30~FM岩手「STUDIO SAKURART(スタジオ さくらーと)」に役者が生放送で出演予定!
 
2月8日(月)15:00~FM岩手「北上 さくら咲クラジオ」に又四郎と湯殿、出演予定!
こちらは放送日が平日の昼間という事もあり事前収録しました!
 
皆様、どうぞよろしくお願いします。
2月3日さくら咲クラジオ6.jpg

このページのトップへ↑

寒さにも負けず

 2016年2月2日
セリフの多さにも負けず、丈夫な身体を持ち、演出の期待に応え、観ている人を喜ばせる・・・ソウイウモノニワタシハナリタイ・・・by宮沢賢治
 
今の役者陣はまさにそういう心境でしょうか・・・。
 
今年の北上は雪が少ないのが助かりますね。本番も雪が降らない事を祈るばかりです。
 
これからPR活動のため、地元のテレビやラジオにも出演する予定です。
詳しい日程は、追ってお知らせしたいと思います。
そちらもどうぞお楽しみに!
 
稽古の様子、すこ~しだけ公開!!
   

このページのトップへ↑

参加者の声

2016年1月25日
本番まで一ヶ月を切り、稽古はぐんぐん加速中!
今回、主人公である和賀又四郎と、それに仕える側女(そばめ)の湯殿を演じるお二人に、意気込みを聞いてみました!
 
鴨井輝樹【和賀又四郎】 参加者の声:高橋哲郎.jpg
 
演劇経験の浅い自分が主役に抜擢されて、非常にプレッシャーを感じています。必死に練習中です。こんなに必死になったのも何年ぶりでしょう。
この必死の成果を客席のみなさんが楽しかった、面白かったと感じて頂けたら、我々もきっと同じように感じられると思います。
市民劇場一同、頑張りますので是非お越しください。
 
   
 
 
小形春香【湯殿】 参加者の声:長屋凜.jpg
 
私のとても尊敬する人が、「いつも演技に自信はないけれど誇りは持っている」と言っていました。終わった後に笑顔で酒を酌み交わせるような作品を作り上げられたら最高だと思います。
演技の経験はまったくですが、作品の精度を少しでも高めて皆さんにお見せできるよう、又四郎をはじめみんなで頑張っていきますので、宜しくお願いします。
 

このページのトップへ↑

今年も踊ります!!

2016年1月22日
毎年、劇中にダンスがあるのが恒例になりつつある北上市民劇場!!今年も踊ります!!
 
DSC_0293.jpg
昨年に引き続き、振り付けも担当するダンスリーダーの高久三帆子さんは、
「今年のダンスは、昨年の天女のダンスと違い、女性の持つ”強さ”を表現したい。初対面のメンバー、ダンス未経験のメンバーもいる中、残り一ヶ月でどこまで精度を高められるか、その団結力にもご注目いただきたいです。」
と、意気込みを語ってくださいました。
 
お芝居だけではなく、ダンスにもご注目です! 

 

このページのトップへ↑

特大ポスター ド・ドーン!

 2016年1月20日
今年も特大ポスターがド・ドーンと公開です!
 
チラシの表紙にもなっているこの写真。
実は作者である松田真学さんが自ら撮影した写真を使っています!
場所は物語にも関わる岩崎城址。
今回の舞台は二子城(飛勢城)がメインなので、あいにく登場しませんが・・・。
さまざまな歴史があり、私たちは今ここに存在しています。
そういうロマンも感じながら、北上市民劇場も観ていただければ幸いです!
 
残り一ヶ月を全力で走り切りたいと思います!

このページのトップへ↑

2016年、稽古始め!

2016年1月6
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
 
1月6日。
第39回北上市民劇場の2016年稽古始めでした!
 
 
 
本番まで残り2ヶ月を切りました・・・!!
 
本番まで悔いなく、精一杯取り組んでいきたいと思います。
 
そして、その成果を皆様の前でご披露出来れば幸いです。
 
ぜひ、2月20日21日は皆様に目撃者になっていただきたいです。
 
さくらホールでお待ちしております!
公演詳細は→こちら
 
参加者もまだまだ募集中です!

このページのトップへ↑

2015年、稽古納め!

 2015年12月25日
12月25日。
本日も元気いっぱい稽古をしました!
2015年最後の稽古でした。
 
来年の稽古は、1月6日(水)19:00~さくらホール大アトリエにて始まります!
もちろん、来年からの参加も大歓迎です! 
 
来年もどうぞよろしくお願いします。
 
皆様、よいお年を!!
 
チケット発売中です!公演詳細は→こちら
 

このページのトップへ↑

第一次キャスティング発表がありました!

 2015年12月18日

12月18日。
本日の稽古で第一次キャスティングが発表されました。
それぞれの役割が決まってきた事で、より気合いが入ってきました。
いよいよ稽古も立ち稽古に入り、本格的になります。
ここで少し稽古の様子をご紹介します。
1450447805494.jpg
みんなで舞台図を確認・・・今回もかなりの大がかりな舞台になります。そちらにもご注目!
1450447929617.jpg
セリフを追いながらも、それぞれ考えながら動きを入れていきます。
1450447954981.jpg
演出から様々な提案が・・・!!
1450447975820.jpg
おっと、これは・・・!?いろいろ模索中・・・!!本番をお楽しみに!!
 
まだまだ参加者募集中です!よろしくお願いします。
チケットも発売中です!よろしくお願いします。 

このページのトップへ↑

第39回北上市民劇場 公演案内

2015年12月18日
第39回北上市民劇場
「笹リンドウを掲げよ」
第38回ポスター・チラシ.jpg
さくらホール 中ホール
平成28年2月20日(土) 開場 17:30 
平成26年2月22日(土) 開演 18:00 
平成26年2月21日(日) 開場 13:30
平成26年2月23日(日) 開演 14:00
 
前売券1,000円(当日券1,200円)
小学生以下無料・全席自由
 
お求めはさくらホール及び各プレイガイドまで
 
さくらホール TEL:0197-61-3500
さくらホール ホームページはコチラ 
プレイガイド
【北上】江釣子SCパル・さくら野北上店
  
 ★あらすじ等はコチラ
 

このページのトップへ↑

第39回北上市民劇場 タイトル・あらすじ・作者コメント 公開!

2015年12月16日 
第39回北上市民劇場のタイトルとあらすじ、そして作者である松田真学さんのコメントを掲載します!
 
☆タイトル☆
「笹リンドウを掲げよ」
 
☆あらすじ☆
天正18年夏、豊臣秀吉の奥州仕置軍が迫る奥州。南部と伊達に挟まれた和賀一族は秀吉に従うか否かで大きく揺れていた。
ある夏祭りの日、和賀氏の頭領、義忠が姿を消す。義忠の嫡男・又四郎と、家臣の鬼柳弥十郎は、近隣から多くの人が詰め掛ける祭りの中、義忠を探して歩く。やがて、義忠の真意が明らかになるが、後ろ盾となるはずの伊達氏の裏切りが発覚。奥州仕置軍が間近に迫る中、又四郎、弥十郎はそれぞれの決断を迫られる。
 
 
☆作者:松田真学さんのコメント☆
和賀氏の最期の歴史をたどっているうちに、豊臣秀吉の小田原征伐やそれに伴う奥州仕置、関ヶ原の裏に隠れた伊達正宗の陰謀と岩崎一揆など、日本史の大きな事件とも密接な関わりを持っていることに気付くことが出来ました。教科書に載っている日本史と地元の歴史との関わりを知るきっかけを作ることが出来ればと思い、脚本に仕上げました。
また、現在鬼剣舞は地元の人々に愛され、子供から大人まで親しんでいる郷土芸能ですが、供養のための踊りであり、平和を願う踊りであり、和賀氏や古くは安倍氏にも愛されてきたという歴史があり、そこに光を当ててみたい、という思いもあります。抵抗しながらも中央権力に攻め滅ぼされてきた背景を持つこの東北で、あくまで勇壮に祈りをささげる鬼剣舞の魅力を、見る人に改めて感じてもらえれば、と思います。

このページのトップへ↑

第39回北上市民劇場 稽古日程表、公開!

2015年11月18
 第39回北上市民劇場の稽古日程表が下記にてダウンロード・印刷可能です。
 
 参加者のみなさん、ぜひ参考にしてください。
 
 新たな参加者・見学者も募集中です!   

第39回稽古日程表.pdf

このページのトップへ↑

第39回北上市民劇場スタート!

2015年11月16日
11月14日(土)。
初顔合せを行い、第39回北上市民劇場がいよいよスタートしました!
脚本は、平成27年度「寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ」の参加者・松田真学さんの作品「笹リンドウを掲げよ」が採用されました!
 
 hatsu39.jpg
役者希望、スタッフ希望、それぞれの思いを胸に集まったのは約40人の老若男女。
作者や演出家からご挨拶などがありました。
 
eieio39.jpg 
みんなで心ひとつに・・・素晴らしい作品を創るぞ!エイ・エイ・オー!
 
yomi1.jpg
翌日から早速、稽古開始!まずは「本読み」です。
みんなで台本を朗読しながら作品について考えます。
思わぬところから思わぬ発見がある事も・・・?
 
 
参加者、募集中です!キャストもスタッフも大歓迎です!見学からでも構いません。
いっしょに北上市民劇場を創り上げませんか?あなたの参加をお待ちしております。

このページのトップへ↑

平成27年度「寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ」第2回

 7月5日。

「寺子屋演(や)っぺし~おはなし書くべぇ」第2回を開催しました。
 
新たに北上市在住の柏原さんも加わり、4名の参加者が脚本完成を目指します。
今回は、既に脚本を書いている三宅さんの「御番所物語」を参加者がセリフ、ト書きを順番に読み合わせしました。
 
「御番所物語」は、江戸時代の伊達藩と南部藩の藩境番所が舞台の物語です。
その後、各自感想を挙げて、意見交換しました。
講師のくらもちさんから、
登場人物の気持ちの変化がわかるような内容になればもっと良い」
との指導を受けました。
 
次に昨年に引き続いて参加している松田さんの作品「笹リンドウを掲げよ」のプロット(ストーリーの要約 )を紹介しました。
「笹リンドウを掲げよ」は、小田原攻め中の豊臣秀吉から参陣の布告があった奥州・和賀氏家中の物語です。
どの場面を中心に物語を展開するか絞り込んで、場面展開を考えるよう指導を受けました。
他の2人は、まだ構想の段階で、何を書きたいのか頭の中にあるものを話して、他の参加者から意見をもらいました。
 
果たして、どんな脚本が完成するのか楽しみです!
 

このページのトップへ↑

平成27年度「寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ」第1回

2015年6月7日
6月7日。
平成27年度「寺子屋演(や)っぺし~おはなし書くべぇ」第1回を開催しました。
 
このワークショップは6月から9月まで全4回の日程で演劇の脚本作成に挑戦します。
 
完成した作品は審査を経て・・・なんと!北上市民劇場で上演される場合もあります。 
 
講師は昨年に引き続き日本劇作家協会東北支部長のくらもちひろゆきさんです。 
 
果たして、どんな脚本が出来上がるのでしょうか・・・!!
 
脚本WS-01.JPG
 

このページのトップへ↑

平成27年度「寺子屋演っぺし~おはなし書くべぇ」課外授業

2015年5月24日
5月24日。
平成27年度「寺子屋演(や)っぺし~おはなし書くべぇ」課外授業として鬼の館を訪問しました。
 
まず、鬼柳鬼剣舞保存会による鬼剣舞演舞を拝見させていただきました。すごい迫力でした!
 
その後、鬼の館の展示物を見学、学芸員の後藤さんより鬼剣舞の歴史等の説明を受けました。
 
参加者からの質問も多く、1時間の予定をオーバーしてしまいました!
 
最後に記念撮影をして終了です。
 
この経験をこれからの公演に活かしていきます!
 
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
鬼剣舞WS.JPG
 

 

このページのトップへ↑