トップページ お問い合わせ 更新履歴 サイトマップ お気に入りに追加 RSS
top.jpg

TOP > お知らせ・報告 >  あれこれ(平成24年度)

参加者の声 その2

2013年2月1日
2月です。本番まで1カ月をきりました。山あり谷ありの市民劇場ですが、それでも少しずつ前に進んでいます。それでは今回もまた参加者の声を聞いてみましょう。
 
齋藤和歩【役者:太郎役】 写真・齋藤和歩トリミング.jpg

僕は専北高1年です。市民劇場の参加は初めてで、しかもいきなり主役の太郎役に抜擢されました。初めての事が一度に目の前に迫って来て、今は期待8割不安2割の気持ちで稽古に臨んでいます。お話は家族の大切さ、弱い者でも団結した時の力の強さが見所です。この経験で僕自身も太郎のように優しく強くなれたらと思います。

 
 
 
 
 
髙橋 茂【スタッフ:演出】 写真・髙橋 茂トリミング.jpg
 
初めて演出を務めるにあたり、脚本家や演出家の育成を兼ねた講座など盛岡や胆沢にも足をのばし参加して準備をしてきました。そこで「演出とは脚本から膨らませたイメージを役者と共有し実現させるもので中途半端じゃだめだし、かといって頑なでもだめだ」と自分なりの方針を立てました。頭を柔らかくして取り組んでいます。
 
 
 

このページのトップへ↑

プロモーション その弐

2013年1月22日
今日はテレビ岩手5きげんテレビの江釣子SCパル生中継宣伝コーナーに出演して「北上市民劇場」を宣伝して来ました。参加最年少女優が強運を発揮してしっかりPRできました。
お買いもの途中のみなさんにもチラシを配って地道な宣伝、宣伝。あとはお越しいただいたお客様に楽しんでいただけるように稽古に集中、集中。
プロモパル3.jpg プロモパル1.jpg プロモパル2.jpg

このページのトップへ↑

裏方もがんばってます!

2013年1月20日
「市民劇場」はもちろん舞台装置も市民参加者で手作りです。大きな舞台セットから、小さな小道具まで。物語の世界を創りだす重要な役割を担って着々と制作が進んでいます。
 
美術班3.JPG
まずは美術班。
松の木、石燈籠、あばら家などベニヤから切り出したパネルに絵を描いていきます。平面のパネルに絵付けして立体的に見せる、腕の見せ所!ベテランと若手がひとつの作業で創る楽しさを共有できるのも「市民劇場」の魅力ですね。
 
 
 
 
 
小道具つくり2.JPG
こちらは小道具班。
竹の水筒、お鍋を作っています。草鞋の山も見えますね。大変なのは「台本に書かれていないけどこの場面にはこれが必要だろう」という想像力を働かせながら台本を読み込む作業でしょう。単なる工作ではない演劇小道具の醍醐味ですね。
 
 
 
 
 
美術・小道具.JPG
本番ではどうしても役者に目が行ってしまいますが、裏方の仕事があってこそ輝く役者たちです。他にも衣装・化粧班、音楽班や照明班の存在も感じながら観劇していただけましたら、より「市民劇場」を楽しめると思います。乞うご期待!
 
 
 
 
 

このページのトップへ↑

プロモーション その壱

2013年1月17日
1月17日(木)、プロモーションとして市役所本庁舎・江釣子庁舎・和賀庁舎をまわって「第36回北上市民劇場」のPRとチケットの手売り活動を行って来ました。
この日、やっぺし会長の口上のあと各窓口の職員の皆さんの席をまわってチラシを配り歩きながらPRしたのは、役者やスタッフなど市民劇場参加者有志9名です。自らこうした地道な活動をするのも「市民劇場」ならではです。ひとりでも多くの皆様に観ていただくための苦労が、作品創りの熱情につながっていくと思うからです。
お仕事の手を止め耳を傾けていただき、チケットをお買い上げいただきました市役所の皆様、ありがとうございました。 
PRキャラバン_3.JPG PRキャラバン_1.JPG
 

このページのトップへ↑

第36回 北上市民劇場 チケット発売中!

2013年1月7日
第36回北上市民劇場
月の満ちるはホーイホイ~「ぐず兄 ずる兄 たんぱら三郎」をモチーフにして
第36回ポスター.jpg
 
さくらホール 中ホール
平成25年2月23日(土) 開場 17:30 
平成25年2月23日(土) 開演 18:00 
平成25年2月24日(日) 開場 13:30
平成25年2月24日(日) 開演 14:00
 
前売券1,000円(当日券1,200円)
小学生以下無料・全席自由
 
前売券は1月5日より発売中!
お求めはさくらホール及び各プレイガイドまで
 
さくらホール TEL:0197-61-3500
さくらホール ホームページはコチラ 
プレイガイド
【北上】江釣子SCパル、さくら野百貨店
【花巻】なはんプラザ
【奥州】奥州市文化会館Zホール
 

このページのトップへ↑

参加者の声 その1

2012年12月24日
稽古が始まりあっという間に1ヶ月が経過しました。キャスティングやスタッフの分担なども決まって、一段と気合が入ってきたようです。今日はそんな参加者の声を聞いてみましょう。
 
鬼柳実紗【役者:ナル役】 鬼柳実紗HP用.jpg

私は江釣子中の2年生です。ナルは両親を亡くしお婆さんと二人暮らしの13才の女の子。村の掟「うばすて」の為、お婆さんとも離ればなれになってしまいます。たった一人で生きていく覚悟をしなければならないナルは、家族と暮らせる幸せを私に教えてくれました。皆さんにも幸せを思い、感じてもらえるように一生懸命演じます。

 
 
 
 
 
小原伽奈【スタッフ:照明係】 小原伽奈HP用.jpg
 
演劇の舞台がどのように作られるのかを現場で見たいと思い、今年初めて市民劇場に参加することにしました。演劇初心者の私には初めて聞く言葉ばかりですが、その分新たな発見も多く楽しく活動しています。舞台の成功を目指して、2月の本番まで市民劇場の仲間と知恵を出し合いながら、丁寧に舞台を作っていこうと思います。
 
 
 

このページのトップへ↑

いよいよ稽古スタートです!

2012年11月20日
稽古風景1.jpg
11月17日「初顔合わせ」を行い、いよいよ第36回北上市民劇場がスタートしました。まずはキャスト希望、スタッフ希望に関わらず「本読み」という作業をしながら作品の世界観や時代・風俗などの共通認識を深めているところです。
今からの参加も大歓迎です。ぜひ一緒に市民劇場を創りませんか?

このページのトップへ↑

稽古日程を公開しました。

2012年11月18日

 

 

 

このページのトップへ↑

第36回 北上市民劇場 タイトル決定!

2012年11月17日
11月17日(土)、初顔合わせが行われタイトルが発表されました。
 
「月の満ちるはホーイホイ~ぐず兄 ずる兄 たんぱら三郎をモチーフにして
 
初顔合わせも済み、早速稽古スタートです。どんな作品になるか乞うご期待!

このページのトップへ↑

寺子屋演っぺし 成果発表しました!

2012年11月15日
9月から実施してきましたワークショップで作り上げたお芝居を、成果発表としてご披露しました。発表の場は11月10日(土)の「北上市民劇場上映会~ゆかりの方々を囲んで」第3弾の会場にご来場の皆さまの前でした。

演っぺし_04(600×450).jpgご披露しました作品タイトルは「昼下がりのひととき」です。参加者各自が書き上げた脚本の中からひとつを選び、それを基にアイデアを出し合い、みんなで修正しながら今回の脚本が出来上がりました。さらに、演出・役者・音響・衣装・道具と各担当に分かれ「お芝居」に創り上げたものです。
初めての経験ながらも、横澤先生のアドバイスを受けながら自分たちで作りきった参加者の顔には達成感があり、それは観客にも伝わって温かい拍手をいただきました。
 
 
後日、反省会&交流会を持ち「おはなしづくり講座 寺子屋演っぺし」を振り返った参加者たち。それぞれに反省がありましたが、みんな楽しい経験が出来たことを喜んでいました。
「いろいろ直したいところもあったが、あえてグッと堪えて任せていました。実際に書いてみて、演じてみて、ビデオを客観的に観て、分かったことがたくさんあったと思う」とは講師の横澤先生のお言葉。やっぺしとしては、それらを活かす次の機会を是非設けたいと思います。
 
「おはなしづくり講座 寺子屋演っぺし」これにて終了です。参加者の皆さま、お疲れ様でした!
 

このページのトップへ↑

第36回 北上市民劇場 あらすじ速報

2012年11月1日
タイトルはまだ決まっていませんが、あらすじをちょっとご紹介します。
 
【あらすじ】 
昔々、飢饉に苦しんでいた頃のおはなしです。旅をする太郎という名の青年がおりました。ある日、太郎は雄大な日高見川を望む村のはずれで倒れてしまいます。助けてくれたのは山のふもとに孫娘と2人で暮らすお婆さんでした。ところがこのお婆さん、明日山へ入ると言うのです。訳を聞くと、この村では姥捨ての掟があると言うではありませんか。それを聞いた太郎は・・・。
 
「過去の名作アンケート」で人気第1位を獲得した「第14回 ぐず兄 ずる兄 たんぱら三郎~更木民話より」をモチーフとして、新たなものがたりを創ります。お楽しみに。
 
参加者も大募集してます!詳細はコチラ

このページのトップへ↑

さくらホールにおめでとう!

2012年10月30日
さくらホールは来年11月27日、開館10周年に突入します。
北上市民劇場を協働で運営する当会は、さくらホールにはとてもお世話になっているわけです。
日ごろの感謝を込めて、一肌脱ぐのです!
 
というわけで、さくらホール開館10周年記念1年前プレイベント さくらホールにシルブプレッ!にお祝いメッセージを寄せることになりました。
市民劇場らしく衣装を付けて稽古風景の雰囲気を撮影してみましたが、どうでしょう?! 
かぶ(400×300).jpg 撮影(400×300).jpg 集合(400×300).jpg
「北上市民劇場」の他にもさくらホールを利用している各団体やアーティストからのお祝いメッセージが寄せられ、編集された映像は「さくらホールにシルブプレッ!」のなかでご披露されるとの事です。
 
さくらホール開館10周年記念1年前プレイベント さくらホールにシルブプレッ!
日 時:11月27日(火)18時30分~
場 所:さくらホール中ホールエリア
料 金:無料
スペシャルミニライブ
BRACK BOTTOM BRASS BAND(ブラックボトムブラスバンド)
ジャズピアニスト松永貴志
犬03抜き鳴き(180).jpg
 

楽しいイベントになりそうな予感です!!
みなさんも是非、楽しみながらさくらホールを盛り上げていきましょう!
北上市民劇場もまもなくスタートします。こちらもよろしくお願いします。

 

このページのトップへ↑

寺子屋 演っぺし 成果発表決定!

2012年10月27日
おはなしを考え、脚本を書き、それを「お芝居」に仕立てる全9回のワークショップも後半戦に突入しました。今は脚本が完成し、役割分担をしてお芝居の稽古に入っています。この成果発表の場が決まりましたのでお知らせします。
 
日  時 : 11月10日(土)13:30~ 
場  所 : さくらホールミュージックルーム1
タイトル : 昼下がりのひととき
入場料  : 無料
 
「北上市民劇場上映会~ゆかりの方々を囲んで 第3弾」の前座として、発表します。
上映会と併せて、みなさまのご来場をお待ちしています。

このページのトップへ↑

第36回 北上市民劇場 参加者大募集!

2012年10月1日
来年2月公演予定の北上市民劇場を一緒に創りませんか?
キャスト・スタッフを大募集します。
「自分に何が出来るかな?」と迷っているあなた!
参加してから考えましょう。
きっとあなたにぴったりの役割りがあるはずです!
 
□年齢不問・参加無料
□公演期日 平成25年2月23日(土)18:00開演、24日(日)14:00開演
□活動期間 初顔合せ(平成24年11月17日)から 公演終了(平成25年2月24日)まで
□活動時間 平日19~21時、土日13~16時
□活動場所 さくらホール(会議室、大アトリエ、他)
□活動内容 北上市民劇場にかかわる諸々の活動
 (稽古、道具・衣装等製作や打合せ、広報活動、協賛集め、チケット委託販売 etc.)
□初顔合せ 平成24年11月17日 19時~ さくらホール多目的室1・2
□反 省 会 3月下旬を予定 
 
■お問い合わせ先■
北上市民劇場を盛り上げる会やっぺし事務局 (090-8617-5346)

参加申込みフォームはコチラ

このページのトップへ↑

寺子屋 演っぺし スタート!

2012年9月15日
全体(200×150).jpg9月12日(水)、「おはなしづくり講座 寺子屋 演っぺし」を開催し、第1回目となる今回は9名の参加者がありました。
 
この講座は将来「北上市民劇場」の脚本を書けるような人材や、役者として各分野のスタッフとして「北上市民劇場に参加したい」という方々との出会いを願って企画したものです。
 
 
 
カット版(200×154).jpg
「おはなしづくり」の発想から具体的に「脚本」にする作業、さらに役者が演技しスタッフが裏で支えて小さな「お芝居」を創り上げるひと通りのプロセスを学びます。講師は「岩手県高等学校演劇協議会顧問」でもあります横澤信夫先生です。
数多くの脚本を創作し演出・構成・舞台監督を務め、北上市民劇場でも脚本・演出経験をお持ちの横澤先生に、ご指導いただきます。
 
 
さて第1回目は舞台の要素と脚本の役割から学びました。ドラマとは葛藤やせめぎ合いであり、妥協はドラマにならない。「劇」という単語の意味を考え、ドラマになる要素を各自で考えて題材・素材などを出し合い、その中から一つを選び起承転結を考えます。
 
 
携帯(200×150).jpg
出てきた意見や案などは否定せず、自由な発想でアイデアを出し合い、参加者みんなでドラマの展開を考えていきます。
スタートとラストを先に考え、中間の展開はドラマチックになるようにあとで創作します。そうして構成が出来上がってからセリフを考えます。セリフとは対話であり、心の動きの表現のひとつとであることも学びました。
 
 
 
最後に参加者には次回までの宿題が出されました。今回学んだノウハウで小さな「おはなし」を各自創作してくるというものです。さて、どんな「おはなし」が出来てくるか楽しみです。
 
今からでも参加してみたい!という方、大歓迎です。一緒に「おはなしづくり」しませんか?
 
 ■お問い合わせ先■
申込フォーム→講座申込リンク *受付は終了しました。
北上市民劇場を盛り上げる会やっぺし事務局 (090-8617-5346)

 

このページのトップへ↑

おはなしづくり講座開催

2012年8月25日
寺子屋演っぺしロゴ(600×177).jpg
『おはなしづくりって・・・むずかしくない!たのしい』
 
お話を作りたいけど、どうしたらいいかわからない・・・。お芝居を基礎から学びたい!・・・と思っている方必見!お話作りや、お芝居の基礎からしっかり学べる講座を開催いたします。
前半は脚本づくりの基本を学んだ後、実践として参加者で一本の脚本を制作するワークショップです。後半は参加者の希望によって役者や演出・音響などのスタッフに分かれ、制作した脚本に沿って演技・表現を学びながら演劇の稽古をします。完成した寸劇(10~15分)は発表の場を設けてご披露します。
 
日 程 :   9月12日(水)
      9月19日(水)
      9月26日(水)
     10月10日(水)
     10月17日(水)
     10月24日(水)
     10月31日(水)
     11月 7日(水)
     11月14日(水)
回 数 : 全9回(最終日は反省会・懇親会)
時 間 : 19時~21時(2時間)
場 所 : さくらホール アンサンブルルーム1
講 師 : 横澤 信夫氏
参加費 : 800円(全9回分)
      *懇親会の参加費は別途500円いただきます。
 
あなたの小さなアイデアを膨らませて、脚本にしてみよう!お芝居にしてみよう!
講座申込みフォームまたは電話にて。
 
■お問い合わせ先■
申込フォーム→講座申込リンク
北上市民劇場を盛り上げる会やっぺし事務局 (090-8617-5346)

 

このページのトップへ↑